不動産担保ローンのメリット・デメリットのほか審査についてなど

不動産担保ローンを有利な条件で借入れ

担保を必要とするローンとは

お金を借り入れる際に利用するローンには、多くの種類があります。
また、担保が必要なのかどうかについても、ローンの種類によって変わります。
利用目的によっても、条件その他に違いが出てきます。
利用目的を明確に決めて商品を探すことが大切です。

消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンでは無担保でも即日融資が受けられます。
その代わりに金利が高めに設定されており、ご利用限度額も支払い能力が高い人しか高額に設定されません。

よく利用される担保を必要とするローンとして、不動産担保ローンというものがあります。
住宅ローンの借り換え目的などに利用され、多くの金融機関が取り扱っているローンの一種ですが、
審査の基準、金利、その他の条件を、複数の金融機関において比較するようにしておくと、
より有利な条件で不動産担保ローンを利用できるといえます。

不動産担保ローンのメリットとデメリット

メリット

不動産担保ローンは総量規制の対象外というメリットがあります。
総量規制は貸金業者から総額年収の3分の1以上は借り入れできないという規制です。

消費者金融のキャッシングなどではこの総量規制のために
年収の3分の1より低めの貸し出ししか行っていません。
不動産担保ローンのご利用限度額は年収によって決まるのではなく、不動産の価値によって決まります。
高額な不動産ほどご利用限度額が大きくなります。
無担保のローンと比べた場合、お持ちの不動産を担保に入れる分、
金利が低くまとまった資金を借りることが可能です。

デメリット

不動産担保ローンはまとまった資金を借りて長期間返済して行く事になります。
返済中に不動産の価値が下がってしまったら追加担保を要求されることがある、
一括返済をすると解約違約金が発生することがある、
返済が困難になり滞納してしまうと担保に入れた不動産を失うリスクがあるなどのデメリットがあります。

メリット デメリット
・総量規制の対象外
・金利が低い
・大きな金額の借入れが可能
・不動産価値の流動による追加担保の可能性あり
・一括返済による解約違約金あり
・不動産を失うリスクあり

金利についてはじっくりと納得できる形で

その性質上、大きな金額の借入れで長期間の返済となるケースが多くなりますので、
金利についても、しっかりと考慮しておくべきであることは言うまでもありません。

最終的に返済していく金額は、金利の利率によって大きく変動します。
不動産担保ローンに限りませんが、できるだけ利率が低くなっている金融機関を利用することで、
有利な形で借り入れることができるのは周知の通りです。
また金融機関の担当者とも、十分に話し合いを行い不明点などを残さないようにしてから、
借入れを行うべきであるといえるでしょう。

不動産関連情報
・マンション売却を後悔しないで高く売るための方法:http://peakoiltaskforce.net/
無担保ローン情報のリンク
・消費者金融利用ナビ:http://www.sscxwc2011.com/
・消費者金融厳選情報:http://www.litbl.org/
 

不動産担保ローン情報

COPYRIGHT© 2014 不動産担保ローンを有利な条件で借入れ ALL RIGHTS RESERVED.